ゼニカルの効果と副作用を知る

ゼニカルの効果と副作用は、日本でも人気の脂肪吸収阻害剤です。
オイリスタット、オーリスタットとも呼ばれます。
食事で摂取した脂分を体内に吸収せず、そのまま体外へ排出させることが可能です。
故意に消化不良の状態を作るものです。
副作用としては下痢が起きます。
重篤な副作用の心配はほとんどないとされています。
安全性の高いダイエットピルと言われています。
スイス製薬会社ホフマン・ラ・ロシュ社で開発され、米国ではすでに肥満治療薬として認可されています。
日本では未認可です。
病院で処方してもらうか、又は個人輸入で入手することが可能です。
グルコバイ バイエルはグルコアミラーゼなどの酵素を阻害し、すい液・唾液のαアミラーゼを阻害して、食後の急激な血糖上昇を抑えます。
糖尿病の食後に起こる過血糖の改善に使用されます。
かゆみ、湿疹などのアレルギー症状がでたことがある人、重症ケトーシス、肝障害、腎障害、胃腸障害がある人は薬剤師や医師に必ず伝えることが大切です。
服用しているくすりがある場合には、お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もあります。
大衆薬も含めて他に使用中の医薬品に注意します。
こちらも薬剤師・医師に必ず伝えます。
飲み忘れたことを食事中に気が付いた場合は、すぐに1回分を飲みます。
食後に気がついたときには、1回分飛ばします。
次の通常の服用時間に1回分を服用します。
必ずまとめて2回分を1度に服用してはいけません。
副作用としては、放尿増加、腹部膨満、鼓腸などが報告されています。
このような症状がつづくようでしたら、担当の医師または、薬剤師に必ず相談します。
車の運転や高いところでの作業、危険を伴う機械の作業中に低血糖症状があらわれると事故につながることもあります。
十分注意します。

~参考サイト~
ゼニカル(オーリスタット:オルリスタット)通販